人類が歩む原子力文明への道 - エネルギー環境政策を考える会

エネルギー環境政策を考える会 人類が歩む原子力文明への道

Add: izobi42 - Date: 2020-12-19 10:18:56 - Views: 8813 - Clicks: 9569

21世紀、その地球を駆け巡る食糧が、世界人類の存続を脅かしていく。その食糧で、特に問題になるのがリン鉱石の枯渇である。 そのリン鉱石の枯渇を救う鍵が、日本文明の江戸時代に生まれていた。 広重が描いた新宿 (図-1). この安全対策とは無関係な「原発ゼロ」の実行こそが、世界の平和の中で、人類が生き残る唯一の道です (解説本文); ⓵ 原子力規制員会が、再稼動中の原発に義務付けられたテロ対策施設の設置期限の延長を認めない方針を決めました。. プルトニウム問題を考える自主グループ「プルトニウム研究会」を組織。 197508: 京都で「反原発全国集会」。 197509: 原子力資料情報室が設立され(武谷三男代表)、専従世話人となる。 1976: 内部告発による美浜原発1号の燃料棒折損事故を追及。. 21世紀を展望した新エネルギー政策 立ちどまろう! ふり返って考えよう! 原子力発電は五年間のモラトリアム(一時停止)を! 資源・環境・食糧・人口といった諸問題が人類の未来を制約している。. 原子力文明の基本式:ウラン=エネルギー+放射性廃棄物 石油、天然ガス、石炭などを燃やす炭素文明が今の世界の基礎的なものなんですが、そこから原子力が夢のエネルギー源ではないかと言われていました。. 0) この25%削減目標はほとんど実現できる見込みもない排出削減目標であったし、それに対応すべく原子力発電に傾倒しすぎたものであった。しかし、当時のメディアを含め熱狂的ですらあった温室効果ガス排出削減への関心は、とりわけ原発事故以降、極端に薄れてしまったように思われる。 エネルギー安全保障、原子力の安全問題もすべてそうであるが、温暖化問題についても、偏ることなく、冷静にリスクを見極め、適切なリスク対応をとることが重要である。温暖化問題も、熱狂しリスクを過剰に評価することも、一方でそのリスクから目をそらし無関心となることもまた避けなければならない。. 私も昨夏、原子力委員会の「原子力政策大綱」に意見を寄せましたが、一顧だにされずに終わっております。 原子力安全委員会は、8月22日の分科会席上で「修正は、できれば必要最小限にしていただきたい」と委員たちに要請したと報じられています。.

はじめに 20世紀は科学技術の世紀であり、現代文明を発展させ、人類の福祉と生活の利便性の飛躍的な向上に貢献。. foaf:primaryTopic ; rdf:type ; dct:modified "T09:54:24"; dct:created ""; xl:prefLabel xl:literalForm "エネルギー環境政策を考える会";ndl:transcription "エネルギー カンキョウ セイサク オ カンガエル Kankyo Seisaku O Kangaeru rdfs:label "エネルギー. 日本は、京都議定書に対応すべく、京都議定書目標達成計画等を策定し、政府、産業界、国民が協力して、温室効果ガス排出削減に強く取り組んできた。とりわけ産業部門における排出削減は成功し、京都議定書目標の6%削減のうち多くは産業部門での排出削減寄与によって達成した(環境省)。しかしながら、東日本大震災・福島第一原発事故以降の原子力発電所の停止によって、排出量は大きく増大している。震災後の節電意識の高まりにより、電力需要は減少したものの、1990年基準での排出量は、震災前に比べ9%ポイント程度もの上昇寄与となり、これまでの排出削減努力を帳消しにする以上のインパクトとなっている。そして、これによって年度の日本の温室効果ガス排出は過去最高を記録した。 図2:日本における温室効果ガス排出量の推移(1990年を中心とした京都議定書基準年の温室効果ガス排出量は1261百万t-CO2である). 5℃)。一方、年の世界の年平均気温は過去最高を記録するなど、気温上昇の傾向は続いている。そして、様々な気候変動影響被害の可能性についても推計され、警鐘が鳴らされた。日本でも集中豪雨が多くなってきているなど、気候変動リスクが増大してきていると考えられる。地球温暖化問題から目をそらすことなく、持続的かつ効果的な対策をとることが重要である。 グローバル化した世界の中で、実効ある温室効果ガス排出削減を行っていくためには、すべての国が参加する枠組みが必要であり、その新たな排出削減枠組みの実現に向けて、国連気候変動枠組条約(UNFCCC)において議論が進められている。とりわけ、大排出国であり世界の排出量の約36%を占める米国と中国が実効ある排出削減に取り組める枠組みとすることは至上命令である。そのため、新たな枠組みは、京都議定書のように罰則が伴った法的拘束力のある排出削減目標とはならず、いわゆるプレッジ・アンド・レビュー型の目標となると見られている。年末にパリで開催予定の締約国会議(COP21)において、年以降の枠組み・各国排出削減目標の合意を目指している状況にあり、COP21は大変重要な会議となる。 図1:年における各国の温室効果ガス排出量シェア(日本政府資料より。UNFCCCデータ、ただし*印はIEAデータ) これまでに、EUは年までに1990年比40%削減を、米国は年までに年比26~28%削減の目標を国連事務局に提出したところである。また、中国も20. 有限会社ミュートス,原子力,人類が歩む原子力文明への道,エネルギー論, 文明論,ハワイ語−日本語辞典,ハワイ語,ハワイ語教室, ハワイ語,ハワイ語講座,マーカー 〔ミュートス〕とはギリシャ語で 〔お話〕という意味。. ──今回の不祥事の本質をどう捉えていますか。コーポレートガバナンスの観点から見た場合、まったく弁解の余地がない。森山氏の影響力が. 環境的な制約が資源的な制約よりも切迫した状況では、21世紀末には省エネルギー化が進展する一方、エネルギー供給の主要な部分は、今後開発を進める再生可能エネルギーや原子力などの革新的な代替エネルギーで占められ、化石燃料からの脱却が図ら. 21世紀の社会と科学技術を考える懇談会 ―中間報告について― 「社会とともに歩む科学技術を目指して」中間報告の概要.

環境・エネルギー技術でどう連携していくか、活発な意見が交わされた。本日は その4回目として、基調講演やパネルディスカッションなどを採録する(10月 21日付本紙、「世界環境ビジネスフォーラムin中国vol. 我々人間は、高被害をもたらす事象であっても、低確率で発生するような事象に対してはリスクを小さく見積もってしまう傾向がある。原子力発電の事故の教訓を肝に銘じて、原子力発電の安全対策の強化を進めなければならない。他方、原子力事故のリスクに目が行きがちな今こそ、エネルギー安全保障上のリスクや発電コスト負担の増大による経済的リスク、そして、地球温暖化のリスクをしっかりと認識する必要がある。地球温暖化のリスクを過剰に見過ぎることも他のリスクを増大させかねないため不適切であるが、地球温暖化リスクを軽視し目を背けることは避けなければならない。様々なリスクはトレードオフにあることが多く、様々なリスクを冷静に見極め、バランスのとれたエネルギーミックスを構築すべきである。その中において、原子力発電が担うべき役割は大きいので、原子力の安全性の向上を追求し続けながら原子力発電の一定程度の利用を進めていくべきと考える。 Photo by Nuclear Regulatory Commission (CC BY 2. 中国では、環境悪化の中で生態文明の提唱や環境保護法改正など、環境法政策は強化されつつある。一方で、環境紛争を解決する行政手続きが多用されているものの、司法については独立の問題もあり正義と公平に基づいた判断とその執行を期待することは難しい。また、中央・地方政府の経済.

Bib: BBISBN:. 前回年のエネルギー基本計画は、鳩山元首相が提示した年に1990年比25%削減という目標に対応すべく策定された。そこでは、大きく原子力発電を伸ばし年には50%を超える比率にしようとするものであった。 Photo by Abhisit Vejjajiva(CC BY 2. 人類は癌細胞とならない為に自然の摂理に従い、秩序ある繁栄の道を歩むことが求められているのです。 利己的な遺伝子に抵抗できるのは利他的な精神だけ・・・動物行動学者の著書「利己的な遺伝子」の中で、「人間を含め生物個体は利己的な遺伝子を. json", "uri": 図3-2 効果的な環境保全政策実施を“極めて重要”と考えている人びとの割合い 1990年; 図3-3 原子力と太陽光エネルギーは、世界的な環境問題解決にとって、どの程度役立つと考えますか。(プラス・マイナス5段階評価) 1990年12月. 『人類が歩む原子力文明への道』商品説明エネルギ-・環境政策を考える会年初版。シミ、角折れ、頁ヤケ等ありません。カバー擦れも少しです。発送詳細 レターパックプラス 520円 クリックポスト 198円・落札額+送料がお支払いいただく額です。・日本郵便クリックポスト(198円追跡有. シリーズ 第1回 世界のエネルギー情勢と日本の歩むべき道: 436: h26/05: 電力システム改革の現状と課題 ~発電と送配電分離、極めて慎重な検討が必要~. 原発のコスト : エネルギー転換への視点 Format: Book Responsibility: 大島堅一著 Language: Japanese Published: 東京 : 岩波書店,.

一方、英国では、温暖化対応としてFIT等、再エネ導入支援策を導入してきたものの、補助金が膨れ上がってきている。また、太陽光発電の稼働率の低さによって補助金額が膨大になってもCO2削減効果は大きくなく、さらには導入量の増大とともに間欠性による電力系統の不安定性への懸念など、問題が顕在化してきた。 Photo by iStock / Kameleon007 そこで、差額決済契約付固定価格買取制度(FIT-CfD)と呼ばれる政策措置をとって原子力発電の導入を図ることで、将来予想される電力需給のひっ迫に対応するとともに、強力なCO2排出削減策としようとしている。英国も欧州排出量取引制度に組み込まれているが、その炭素価格は変動が激しすぎて、原子力のように長期にわたる投資が必要な温暖化対策には不向きであり、投資を促進するには、長期で調達価格が固定される固定価格買取が必要との判断によるものである。また、電力自由化市場の下では、事業者は短期的な投資回収を志向することになるため、市場の失敗が生まれるので、そのギャップを政策で埋める必要があるためでもある。このように、英国は、地球温暖化のリスク等も含めた総合的な検討の結果、原子力の利用拡大が不可欠との判断を行っている。. 声 明 気候変動時代を乗り越えるため、「脱炭素化」に向けて日本社会の大転換を!! ~「パリ協定」の採択を受けて~ 1.去る 12 月 12 日夜(現地時間)、パリで開催された cop21 人類が歩む原子力文明への道 - エネルギー環境政策を考える会 は、すべての参加国の合意に より、法的拘束力をもつ「パリ協定」とそれに付. 0) いずれにしても、地球温暖化問題は長期的な課題であり、持続的に排出削減を進めていく必要である。原子力発電も当面は社. 〔1〕 人類文明の 総合的なエネルギー官制 「折原マチコです!久しぶりに、原子炉のお仕事です! ええ...原子力・エネルギーの問題にとりかかったのですが、当初の予定とは異. ほんのつい最近の人類は神の力に等しい力を複数手 原子力も、まさに人類が 20世紀 約になって手に入れた大きな力です。 45億年の地球の歴史で、分子は 人間が取り出し始めたのです。壊し、とてつもないエネルギーをていた大きなエネルギーの障壁をです。. 地球環境問題への社会的関心は、日本企業においても高 まっている。一例をあげれば、財団法人 旭硝子財団は、28名の理事・評議員からなる、“地 球環境問題を考える懇談会”を設置し、地球環境問題をはじめとする人類全般の課題に関. 5 ndlsh : 原子力政策 -- 日本 ndlsh : 原子力発電 bsh : 原子力: 注記: 参考文献: p213-218: タイトルのヨミ、その他のヨミ: ゲンパツ ノ コスト : エネルギー テンカン エノ シテン: 著者名ヨミ:.

目次 〈写真構成〉原爆~~原発 木村恒久 / 原子力発電はどうしてダメなのか 17の質間にこたえる 水戸巌 / 〈写真〉世界の反原発運動 / 〈イラスト〉ゲンパツトピア 橋本勝 / 原子力は人類社会のガン腫瘍 石油文明の次を考える 槌田敦 ( / 〈対談〉想像力と. 電力を安定的に供給し、かつ電力コストの上昇を抑制するには、石炭と原子力発電がベースロードの電源として相当量存在することが不可欠である(コスト等検証委員会推計、RITEにおける推計、総合資源エネルギー調査会発電コスト検証WG推計を参照されたい)。このうち、石炭発電の比率を増せば、コストは大きく変化しないと見られ、長期的には経済的なダメージも小さくできる可能性があるが、温室効果ガス排出量は大きく増大する。先に述べたように、温室効果ガス排出削減はグローバルなレベルで進めることが重要で、国内だけの排出削減に固執する必要性はない。しかし、だからと言って日本が排出量を減らすことをしないことも許されない。地球温暖化問題に対して責任を持ち、排出削減にしっかりと役割を果たしていくことが不可欠である。 一方、原子力発電は、原発事故後の社会情勢を踏まえると、現実問題としてその比率を大きくすることは不可能である。年の原子力発電比率は最大でも25%であろうし、これを達成することもかなり困難と考えられる。なぜなら原子力発電比率が25%を超えるような水準にするためには、ほとんどすべての原子炉を60年運転に延長する必要があるからだ。しかしこれはあまり現実的ではない。40年廃炉となる分を設備利用率の上昇で補うことも考えられるが、それでも25%を超えるような水準にするのは難しいと考えられ、年までの新増設、リプレースも必要になる可能性が高くなる。また、年エネルギー基本計画のように極端に大きな比率(50%程度)を担わせれば、他国との連系がない限られた電力系統の中ではバランスを欠いた電源構成ともなりかねない。 このようにコスト、経済面からのエネルギー構成のあり方を考えるとともに、温室効果ガス排出削減の視点と、現実的に見たときの原子力発電の社会的制約の両方を睨みながら、全体としてバランスがとれた、かつ現実感の伴ったエネルギーミックスを構築する必要がある。日本の年の温室効果ガス排出削減レベルを考えると、年の原子力発電比率は20%程度は確保できるような努力を行うのが望ましいと考える。 Photo by Mikael Miettinen(CC BY 2. 3」からの続き)。 と考える。. 「エネルギー・環境と人類の未来-日本の脱石油戦略を考える-」(pdf)より 要事前申込" 日本の脱石油戦略を考える日時:平成18年5月26日(金 13:00 - 17:00場所:日本学術会議講堂(東京都港区六本木7-22-34)主催:日本学術会議材料工学委員会、(社)日本工学. -----(社)日本工学アカデミー / 1. 年3月11日の東日本大震災とそれに伴う福島第一原子力発電所の事故によって、基幹電源としての位置付けであった原発への信頼は大きく損なわれ、日本のエネルギー政策は大きな方向転換が不可欠となった。福島第一原発事故の反省に立ち、その教訓を生かし、原子力発電の安全性向上に継続的に努めていかなければならない。 エネルギーは近代文明の基盤であるため、安定的かつ低廉な価格で供給されることは、産業の国際競争力、豊かな生活のために極めて重要である。これに加えて、エネルギー利用にあたって、環境に配慮することも重要である。日本においては、ばいじん、SOx、NOxなどの各種排ガスの対策は高いレベルで実現してきているが、温室効果ガスの主要なガスであるCO2の排出抑制にも一層対処することが求められている。 難産の末ようやく年4月に閣議決定されたエネルギー基本計画(経済産業省)、エネルギー安定供給・安全保障(Energy Security)、経済性(Economy)、環境性(Environmental Conservation)、そしてその大前提となる安全性(Safety)の3E+Sの重要性は強調されているところである。本稿では、環境性、とりわけ地球温暖化問題に焦点をあて、エネルギーミックスとCO2排出との関連について議論することとしたい。また、その中で原子力発電の役割についても論じたい。 Photo by Xenja Santarelli (CC BY 2.

道民のご意見を聴く会(札幌市会場)(環境・エネルギー室) | 経済部環境・エネルギー局環境・エネルギー課. 原子力政策--日本; 原子力発電: 分類・件名: ndc9 : 539. 人類最初の文明・メソポタミア文明 「滅びた文明」の中のメソポタミア文明は人類最古の文明といわれている。発祥の地は、現在のイラクを流れるチグリス川とユーフラテス川にはさまれた一帯である。約6,000年前に生まれた都市国家といわれている。. ポスト福島の原子力 / バーバラ・ジャッジ 英原子力公社(UKAEA) 名誉会長 (gepr編集部より) 本原稿は年5月の日本原子力産業協会の年次総会でバーバラ・ジャッジ氏が行った基調講演要旨の日本語訳である。 ドイツは、福島第一原発事故を受け、脱原発を再度明確にした。ドイツでは、緩やかに原発比率が低下してきている。一方、それ以前から導入されていた再生可能エネルギー固定価格買取制度(FIT)によって、再エネの大幅な導入が行われてきた。しかし、それにともなって賦課金が増大し、電気料金も大きく上昇してきている。 再エネ導入は温室効果ガス排出削減とエネルギー安全保障強化が目的と言える。ところが、ドイツにおいては、原発比率の低下に伴って、石炭や褐炭発電比率も上昇してきている。原子力や石炭、褐炭発電は、設備費は比較的高いものの、燃料費が安価なため、稼働時間を多くすると経済効率的となるベースロード電源である。排出量取引制度における炭素価格低迷の影響もあるが、石炭や褐炭発電は、同じベースロード電源として原発を代替しやすい特性があるので、これは自然な動きである。再エネ(特に太陽光、風力)は原発の代替とはなりにくい。仮に代替しようとすれば、安定的に供給できるよう、バッテリー等の対策を追加する必要があるが、これはただでさえ高い再エネのコストを一層引き上げることになる。 図3:ドイツにおける発電電力量の推移. タイトル人類が歩む原子力文明への道 作者/アーティスト名エネルギー・環境政策を考える会販売会社エネルギー・環境. •原子力環境外交研究会 (1995年6月~年7月) •大戦略研究会 (1997年4月~1998年7月) •予防外交国際研究グループ (1996年6月~1999年8月) •21世紀セミナー (1994年9月~1999年8月) •対露政策を考える会 (年4月~) •チェチェン問題研究会 (1996年4. 年3月の福島第一原子力発電所の炉心溶融事故が日本社会にもたらしたものは、 エネルギー・環境問題の側面から言えば、「エネルギー・環境政策の漂流」であろう。 東電福島事故報道の残像は国民に決定的なインパクトを与え、その結果、国民の約半数.

12 Description: vii, 221p ; 18cm Authors: 大島, 堅一(1967-) Series: 岩波新書 ; 新赤版 1342 Catalog. See full list on politas. グリーン連合は昨年6月、日本の環境政策を後押しするために設立されました。 そして今春、市民版環境白書『グリーンウォッチ』を発刊しました。. 3日目午前には、「エネルギー政策転換のカイロス-キリスト教神学の視点から福島原発事故を考える」と題した神学講演が行われた。 近藤勝彦・前東京神学大学学長は、「文明と倫理の問題の多くは、特定の一つの回答を唯一絶対と見なすことは出来ない。.

人類が歩む原子力文明への道 - エネルギー環境政策を考える会

email: [email protected] - phone:(932) 748-5280 x 2776

江戸の短刀拵コレクション - 井出正信 - 地球の歩き方 南仏プロヴァンス

-> 読解に役立つ基礎の古文単語・熟語 - 大平浩哉
-> みんな悩んで大人になる - デイビッド ヴィスコット

人類が歩む原子力文明への道 - エネルギー環境政策を考える会 - 人工知能時代を 堀内進之介 善く生きる


Sitemap 4

カーズ2のなかまたち100 - 老田勝 - OL進化論 秋月りす