江戸時代の通訳官 - 片桐一男

江戸時代の通訳官 片桐一男

Add: joxel76 - Date: 2020-12-19 01:34:48 - Views: 831 - Clicks: 6119

8: 蘭学家老鷹見泉石の来翰を読む: 鷹見家文書研究会 著: 鷹見本雄:. 片桐一男さんの「江戸時代の通訳官~和蘭陀通詞の語学と実務」(吉川弘文館)です。 朝日新聞の書評欄で取り上げられていて、面白そうだったので購入致しました。. 『江戸時代の通訳官』 著者 片桐 一男 著 出版社 吉川弘文館 ジャンル 歴史・地理/日本歴史 isbn発売日 /02/26. 「江戸時代の通訳官」片桐一男 江戸時代、西洋で唯一幕府との交易を許されていたオランダ。 そのオランダ商人でさえ、貿易港は長崎に限られ、外出さえままならぬほど、きっちりと管理されていました。.

著者 片桐 一男 (著) 幕藩体制下、貿易国オランダとのやり取りをすべて担った日本側の通訳官「阿蘭陀通詞」。彼らはいかに異国の言葉を学んだのか。海外情報の翻訳、注文書作成、カピタンの江戸参府への同. 請求記号: gb381-l32 書誌id:. 江戸時代の通訳官―阿蘭陀通詞の語学と実務 著片桐一男 以前から不思議だったことがある。ちゃんとした学校も教科書も辞書もない時代において、人々はどうやって外国語を身につけたのだろうか?. 言葉を武器に、未知に触れる努力 以前から不思議だったことがある。ちゃんとした学校も教科書も辞書もない時代において、人々はどうやって. 江戸時代の通訳官 : 阿蘭陀通詞の語学と実務.

片桐 一男『江戸時代の通訳官: 阿蘭陀通詞の語学と実務』の感想・レビュー一覧です。ネタバレを含む感想・レビューは、ネタバレフィルターがあるので安心。読書メーターに投稿された約8件 の感想・レビューで本の評判を確認、読書記録を管理することもできます。. 6: 京のオランダ人: 片桐一男 著: 吉川弘文館:. 3: 勝海舟の蘭学と海軍伝習: 片桐一男 著: 勉誠:. 日蘭學會, 法政蘭學研究會編. 3 形態: 15, 391, 16p ; 20cm 著者名: 片桐, 一男(1934-) 書誌ID: BB8302. 江戸時代の通訳官 阿蘭陀通詞の語学と実務 - 片桐一男/著 - 本の購入はオンライン書店e-honでどうぞ。書店受取なら、完全送料無料で、カード番号の入力も不要!お手軽なうえに、個別梱包で届くので安心です。宅配もお選びいただけます。. 江戸時代、西洋で唯一幕府との交易を許されていたオランダ。 そのオランダ商人でさえ、貿易港は長崎に限られ、外出さえままならぬほど、きっちりと管理されていました。 幕府は、オランダ商人が日本語を覚えることを認めませんでした。. - 江戸時代の通訳官 片桐一男 著 年5月1日 オランダ語能力どの程度 評者平川祐弘=東京大名誉教授 世間は通訳はきちんと訳していると思いがちだが、実態はどうか。今は録音すれば、通訳の力のほどは確かめ得る。しどろもどろの通訳も多い。昔、外交官とか教授とかが正確に通訳して.

3 形態: 15, 江戸時代の通訳官 - 片桐一男 391, 16p ; 20cm 著者名: 片桐, 一男(1934-) 書誌ID: BBISBN:. <新聞書評> 江戸時代の通訳官―阿蘭陀通詞の語学と実務 著片桐一男 (朝日新聞 /03/27) ; 江戸時代の通訳官 片桐一男 著 (東京新聞 /05/01). Webcat Plus: 江戸時代の通訳官, 幕藩体制下、貿易国オランダとのやり取りをすべて担った日本側の通訳官"阿蘭陀通詞"。彼らはいかに異国の言葉を学んだのか。.

書誌情報 責任表示: 片桐一男 著 出版者: 吉川弘文館 出版年月日:. 江戸時代の通訳官 阿蘭陀通詞の語学と実務. 吉川弘文館,. - 江戸時代の通訳官—阿蘭陀通詞の語学と実務 著片桐一男 評者三浦しをん(作家) 掲載年03月27日 ジャンル歴史 ノンフィクション・評伝 言葉を武器に、未知に触れる努力 以前から不思議だったことがある。ちゃんとした学校も教科書も辞書もない時代において、人々はどうやって外国語. 江戸時代の通訳官: 阿蘭陀通詞の語学と実務.

3 形態: 15, 391, 16p : 挿図 ; 20cm 著者名: 片桐, 一男(1934-) 書誌ID: BBISBN:. 『知の開拓者杉田玄白 『蘭学事始』とその時代』勉誠出版 『伝播する蘭学 江戸・長崎から東北へ』勉誠出版 『江戸時代の通訳官 阿蘭陀通詞の語学と実務』吉川弘文館 『勝海舟の蘭学と海軍伝習』勉誠出版. 江戸時代の通訳官 : 阿蘭陀通詞の語学と実務 フォーマット: 図書 責任表示: 片桐一男著 言語: 日本語 出版情報: 東京 : 吉川弘文館,. 今月の読本、「江戸時代の通訳官」(片桐一男 吉川弘文館)です。 本書は全体を4章に分けて語っていきますが、そのうち中間の2,3章については、既に著者の手による別の書籍で語られた内容と多くが重複しているようです。. エド ジダイ ノ ツウヤクカン : オランダ ツウジ ノ ゴガク ト ジツム. 片桐一男 江戸時代の通訳官 阿蘭陀通詞の語学と実務 : 片桐一男 | HMV&BOOKS online本サイトはJavaScriptを有効にしてご覧ください。. 10: 江戸時代の通訳官: 片桐一男 著: 吉川弘文館:.

江戸時代の通訳官 : 阿蘭陀通詞の語学と実務: 著者: 片桐一男 著: 著者標目: 片桐, 一男, 1934-出版地(国名コード) jp: 出版地: 東京: 出版社: 吉川弘文館: 出版年月日等:. 作者: 片桐一男; 出版社/メーカー: 吉川弘文館; 発売日: /02/26; メディア: 単行本; この商品を含むブログ (3件) を見る. 江戸時代の通訳官 阿蘭陀通詞の語学と実務 - 片桐一男/著 - 本の購入はオンライン書店e-honでどうぞ。書店受取なら、完全送料無料で、カード番号の入力も不要!. 江戸時代の通訳官―阿蘭陀通詞の語学と実務 単行本の通販ならヨドバシカメラの公式サイト「ヨドバシ.

3 Description: 15, 391, 16p : 挿図 ; 20cm Authors: 片桐, 一男(1934. 【tsutaya オンラインショッピング】江戸時代の通訳官/片桐一男 tポイントが使える・貯まるtsutaya/ツタヤの通販サイト!本. Amazonで片桐 一男の江戸時代の通訳官: 阿蘭陀通詞の語学と実務。アマゾンならポイント還元本が多数。片桐 一男作品ほか、お急ぎ便対象商品は当日お届けも可能。. 『江戸時代の通訳官: 阿蘭陀通詞の語学と実務』(片桐一男) のみんなのレビュー・感想ページです(3レビュー)。作品紹介・あらすじ:キリスト教の布教と密貿易とを防ぐために、江戸幕府は貿易相手のオランダに日本語の習得を禁じ、替わって日本側の通訳官〈阿蘭陀通詞〉の養成を急務とした。. 江戸時代の通訳官 : 阿蘭陀通詞の語学と実務 / 片桐一男著 Format: Book Reading of Title: エド ジダイ ノ ツウヤクカン : オランダ ツウジ ノ ゴガク ト ジツム Language: Japanese Published: 東京 : 吉川弘文館,. 吉川弘文館. Webcat Plus: 江戸時代の通訳官, 幕藩体制下、貿易国オランダとのやり取りをすべて担った日本側の通訳官"阿蘭陀通詞"。彼らはいかに異国の言葉を学んだのか。 江戸時代の通訳官の本の通販、片桐一男の本の情報。未来屋書店が運営する本の通販サイトmibonで江戸時代の通訳官を購入すれば、ポイントが貯まります。本の通販 mibonでは人文書の本 新刊・既刊や雑誌など約250万冊の本が購入できます。. 3 オンデマンド版.

片桐一男 著: 勉誠:. Amazonで片桐 一男の江戸時代の通訳官: 阿蘭陀通詞の語学と実務。アマゾンならポイント還元本が多数。片桐 一男作品ほか、お急ぎ便対象商品は当日お届けも可能。. この本に著述されているのはオランダ語の通訳官です。江戸時代に人々が最初に聞いた外国語はポルトガル語でポルトガル人は「南蛮人」と呼ばれていたのでポルトガル語は「南蛮語」と呼ばれていました。南蛮語の通訳官について後日伝えられていないのは、来日した南蛮人はみずから難解な. 3: 大きさ、容量等: 391,16p ; 20cm: 注記 文献あり 索引あり isbn:: 価格: 3500円: jp.

/ 吉川弘文館 / 片桐一男 内容紹介:キリスト教の布教と密貿易とを防ぐために、江戸幕府は貿易相手のオランダに日本語の習得を禁じ、替わって日本側の通訳官〈阿蘭陀通詞〉の養成を急務とした。やり取りを担った彼らは、いかに異国の言葉を習得したのか。通訳をはじめ、貿易.

/7354bbc1e64d6 /57e3fa6580-841 /464164 /4433/268

江戸時代の通訳官 - 片桐一男

email: [email protected] - phone:(757) 734-6487 x 7589

こんなに違う!村山談話と安倍談話 - 村山富市 - 北洋の開拓者

-> 南方熊楠全集 十二支考 第1巻 - 南方熊楠
-> メンタルクリニックへ、ようこそ! - 福本潤

江戸時代の通訳官 - 片桐一男 - 俳句で綴るこころの伝言 岡沢由往


Sitemap 3

ミャンマー - 世界経済情報サービス - 杉浦直樹 ウィークエンド ナチュラリストたちへ