産業別にみた生産性の動向 飲食・宿泊業編 - 日本生産性本部

宿泊業編 産業別にみた生産性の動向 日本生産性本部

Add: opifu26 - Date: 2020-12-15 23:32:27 - Views: 4588 - Clicks: 134

管理部門 生産性向上システム-管理部門の生産性を見える化する-河合克彦(河合コンサルティング代表取締役)著: A5判: 205: 2,750円 産業別にみた生産性の動向<飲食/宿泊業編> 産業別生産性レポートNO.4: 日本生産性本部 生産性総合研究センター: A4: 25. 第一に、業種ごとの特性を明らかにするために、統計データを用いて、業種特性の分析を行いました。以下にその概要を示します。 業種特性の分析結果概要(中分類). 付加価値労働生産性:「産出」の対象を「付加価値額」として置いたもの さらに「付加価値労働性」には「実質労働生産性」と「名目労働生産性」の2種類があります。 1. 0ドル(4,694円) 2. 他産業と比較し、宿泊業の労働生産性は低い。 5.

トップ>産業別にみた生産性の動向 飲食・宿泊業編. 働き方改革で解決しようとしている課題の一つに「労働生産性の向上と効率化」があります。少子高齢化などでの労働力不足への対応が求められており、外国人採用や女性の活躍推進・定年後の再雇用などでの労働人口の拡大はもちろんのこと、一人あたりの労働生産性向上が注目されています。 日本の労働生産性をOECD加盟国で比較した場合、日本の時間あたり労働生産性(就業 1 時間当たり付加価値)は46ドルで35カ国中20位です。米国の 3 分の 2 の水準で、データが取得可能な 1970 年以降、最下位の状況が続いています。また、1人あたりの労働生産性も81,777 ドルで、35 ヵ国中 21位と、英国(88,427 ドル)やカナダ(88,359 ドル)をやや下回る水準です。 出典元『公共財団法人 日本生産性本部』労働生産性の国際比較 年版 他国との比較で労働生産性を語る上では注意が必要です。国際比較を行う上では「労働生産性を計算する上で必要な数字」を用いていますが、これらの数字の算出方法が国によって異なるからです。例えばGDP(国民経済生産)は経済格差や物価の違い、税金などの違いについては反映されていません。 日本国内でもGDPの算出方法が変わったり、物価・税金の違いはあります。しかしながら、日本国内で見た場合と他国でみた場合、まだ違いは少ない方です。 今回は、企業が自社の労働生産性を向上させるための指標を明確にするために、日本の労働生産性の概要やポイントなどについてご説明します。. ところが、サービス産業の分野では、圧倒的に日本の生産性の方が低いのだ。アメリカの生産性を100 とすると、運輸業では44. 物的労働生産性:「産出」の対象を「生産量」「販売金額」として置いたもの 2. 産業全体でみて、1990年代後半以降、労働生産性上昇率は低下。全要素生産性(TFP)も低下しているが、年以降、主に製造 業で改善に転じている可能性も。 近年の産業毎の生産性・生産構造の特徴は、以下のとおり。.

産業別にみた生産性の動向<化学編> 産業別生産性レポートNo.3: 日本生産性本部 生産性総合研究センター: A4: 25: 880円 - 品切れ中 - 平成22年度 新入社員働くことの意識調査報告書: 日本生産性本部 生産性労働情報センター: b5判: 136: 3,300円. 産業別にみた生産性の動向 飲食・宿泊業編. 日本の労働生産性は過去最高水準とはなっているものの、産業や会社規模、都道府県別に大きな開きがあるのが現状であり、自社の労働生産性を向上させる目安としては、自社の条件と最も近い条件で決めるのが最適です。 日本企業の労働生産性を向上させるには、従業員のスキルアップや業務改革が重要となります。従業員満足度の向上や労働環境の整備、IT投資の促進、業務に対する意識改革など、さまざまな角度での小さい積み重ねも必須です。多方向の積み上げが、将来の労働生産性の向上につながるのです。.

See full list on mitsucari. 定価: 880円 (800円+税) 著者名:日本生産性本部生産性総合研究センター 出版社:日本生産性本部. 4% 喫茶・酒 場等 8. さを増す中で、gdp の約7 割を占めるサービス業の生産性向上が国の重点目標となっており、宿泊業 の生産性向上も喫緊の課題となっています。 そこで、旅館、ホテルの経営実態を明らかにし、生産性向. 外食産業成長期 飲食店 53.

ここに紹介する以外の資料は、国立国会図書館オンラインで検索することができます。タイトルや編者・出版社名に含まれるキーワードから探してください。キーワードには「観光」、「旅行」、「旅館」などのほか、「市場」や「調査」、「報告」、「名簿」、「統計」のように形式を示すキーワードがあります。 ここでは、国立国会図書館分類表(NDLC)による分類や国立国会図書館件名標目表(NDLSH)による件名から検索する代表的な方法を紹介します。 1. 3mb) 業種別(pdf形式 552kb). 産業別にみた労働生産性水準は、年12月に日本生産性本部が「日米産業別労働生産性水準比較」(座長:滝澤 美帆・東洋大学教授)として発表し、日本の労働生産性が製造業で米国の7割、サービス産業で5割であることを明らかにしました。. 経済活動別(産業別)gdpを参照したい 国民経済計算年次推計 より 推計結果 > 統計表一覧 > フロー編 > Ⅳ.主要系列表 > (3)経済活動別国内総生産をご覧ください。. 5%に留まっており、先進5か国中最低水準にある。 同様に、TFP水準の対米比も同51. See full list on rnavi. 02 百万円、宿泊業2.

6% 集団給食 13. 主要先進国である7カ国の中で見れば最下位(米国の3分の2の水準) 日本の労働生産性は、他の主要先進国と比較すると順位はふるわず、運輸や卸売、小売業、飲食・宿泊業などの主要分野が弱い状況にあるのが特徴の一つです。 日本の労働生産性の現状を把握するために、他の先進諸国の状況や特徴などと比較しながら掘り下げてみます。. 運輸業、娯楽施設、小売店・飲食店、製造業など非常に幅広い分野に及び、広範な経済波及効果や 雇用誘発効果が期待される産業である。 しかしながら、我が国の観光産業の状況を見ると、旅行業については、平成8年に9. ^ oecd諸国の産業比較および国際比較に関するレポートは、日本生産性本部hpの『日本の生産性動向』(3)の「3。労働生産性の国際比較」を参照。 ^ 上場企業であれば、『有価証券報告書』の情報によりtfpの算出に必要なデータが入手できる。. 第二に,日本の製造業や多くの非製造業と比較しても日本の飲食・宿泊業の労働生産 性は低かった。この原因の一つとしてもこれら産業の資本労働比率が低いことが指摘でき る。第三に,1994〜年における実質労働生産性の動向は,飲食サービス業では一貫.

件名 「観光事業」、「観光マーケティング」、「観光開発」、「外客」、「旅行業」、「旅客」、「宿泊施設」、「ホテル経営」、「旅館」などが代表的な普通件名として挙げられます。 Web NDL Authorities(国立国会図書館典拠データ検索 ・提供サービス)の分類記号検索において「NDLC」を選択し図書の分類として紹介する「DK261」、「DK266」などで検索をすると、観光・宿泊産業に関するそのほかの 普通件名も探すことができます。. 図 1 性 生産 産業別 の 日米 1 (価値 付加 り た 時間あ) ア ェ 付加価値シ と (~年) 卸 売 ・ 小 売 業 建 設 業 紙 ・パ ル プ 金 産業別にみた生産性の動向 飲食・宿泊業編 - 日本生産性本部 融 運 輸 業 縦軸:労働生産性水準(米国=100) 横軸:付加価値シェア(%) 機 械 食 品 製 造 業 石 油 石 炭 電. 雑誌 運輸 ZD33 観光を含みます。 1. 国際社会で見た日本は労働生産性が低いとされていますが、失業者の定義や国外からの労働者の流入、パートタイマーなど有期雇用労働者の増加などから、単純に比較して「良い・悪い」が語れるものではない、ということが分かりました。 現在の働き方改革で「労働生産性の改善」が推進される背景を改めて振り返ると、労働力人口が長期的に見て減少していくこと、その中で発展していくためには1人あたりの労働生産性を高める必要がある、ということが挙げられます。 労働生産性を向上させる本来の目的を考えた際、まず私たちが考えるべきは「自社でいかに労働生産性を高めていくか」ということでしょう。昔からずっとやっているからではなく、無駄な業務の見直しや業務の効率化など、自社での労働生産性を向上させるための施策を推進していくことが今求められているのです。. 財務省広報誌ファイナンスに、財務総合政策研究所職員からの寄稿文として「新型コロナウイルス感染症(COVID-19)拡大後の産業構造の方向性」が掲載されています。日本企業の労働生産性を踏まえた分析など、日本経済が. 日本生産性本部 出版年. 業種別に労働生産性の推移をみると,卸売・小売、宿泊業・飲食業は製造業並に向上してい る。運輸・郵便業も全産業平均と同レベルで向上。保健衛生・社会事業サービス(医療・ 介護・保育等)の労働生産性が低下している。 4 (出典)日本生産性本部. 4 飲食・宿泊業編.

1 兆円 ¾外食業界の市場規模は、①人口減や高齢化による食需要の縮小、②節約志向の高まりによる低価格化の進行、. 9%)」だったことを伝えましたが、サービス業の付加. 統計データ分析結果からは、人口密度と生産性に相関が高い業種と、相関の低い業種の存在が明らかになりました。生産性が地域の人口密度に依存しない業種(相関の低い業種)の事業者による事業活動の存続・拡充は、過疎化が進行する地域や、今後の人口減少局面において面的生産性の向上に寄与する要素と考えられます。 またヒアリング調査からは、当該事業者の事業活動が、他の事業者の生産性の向上や、地域全体の生産性の向上に資する事業者の存在が明らかになりました。特に、新たな事業者間取引関係構築により地域内全体の生産性を改善する事業者の取組のような、自社の生産性を高めながら、地域全体の生産性向上に裨益する事業活動の推進は、政策資源の投入先として高い効果を期待できると考えられます。. 8% 宿泊施設 11. 国土交通省 「オープンデータ」のページ内「白書」に「観光白書」、「統計情報」に各種統計が掲載されています。「統計情報」のページ内「国土交通月例経済」に、月ごとの出国日本人数、訪日外客数、宿泊施設の外国人割合、訪日外客数主要方面別、旅行業者取扱額、ブランド(企画商品)取扱人数・取扱額が掲載されています。. 1%)や宿泊・飲食サービス(36. 労働生産性について確認しましょう。「生産性」とはそもそも、投入資源と産出の比率を意味します。投入した資源に対して産出の割合が大きいほど、生産性が高いということになります。 生産性=産出(Output)/投入(Input) 「労働生産性」とは「産出(労働の成果)」を「労働量(投入量)」で割ったもののことです。言い換えれば「労働者1人あたりが生み出す成果」あるいは「労働者が1時間で生み出す成果」の指標です。 出典元『BOWGL』労働生産性とは?混同しがちな定義と計算式をわかりやすく解説 労働生産性には、物的労働生産性と付加価値労働生産性の2つの種類があります。 1. 本調査では、商業統計(卸売業・小売業の全事業所)個票データを用いて事業所の生産性を分析した結果、業種によって生産性の平均値、ばらつきが異なることが確認されました。理論上、業種内における企業間の生産性の格差(ばらつき)が大きいほど、低生産性企業の生産性を向上させた場合に、その底上げ効果が大きくなります。 またサービス産業全体の労働生産性の引き上げについては、より生産性が低く規模(従業員数、企業数、付加価値額総額等)が大きい業種の生産性を改善することが、サービス産業全体の生産性向上に寄与する余地が大きいと考えられます。 このように、個別生産性や業種特性の改善にあたっては、より詳細なデータ分析に基づくきめ細かい施策展開や政策資源投入対象の絞り込みが有用と考えられます。.

『Travel journal』(トラベルジャーナル 週刊 【Z5-15】) 旅行業界の専門誌です。ツーリズム産業の最新ニュース、マーケティング情報、経営戦略に関する記事が掲載されています。渡航先別日本人出国者数などの統計も掲載されています。. グローバル化などで、企業を取り巻く環境は刻一刻と変化し、働き方なども大きく様変わりしている昨今。「生産性向上」に関する議論も、よく耳にするようになりました。日本に関して問題視されているものの一つに『日本の労働生産性は世界各国と比較した場合、それほど高くはない』事象があると言われています。 「労働生産性」が現在の安倍政権が推進する『働き方改革』の柱の一つに取り上げられている背景には、少子化による労働人口の減少や売り手市場による労働力不足などの影響を受けて、外国人人材や女性の活躍推進などの労働人口の拡大だけでなく、1人あたりの労働生産性を向上させ、労働力不足の解消を目指していこうとする考え方があります。 労働生産性の最近の国際比較を見てみると(年版)、以下のような特徴があります。 1. 公益財団法人日本生産性本部が年 12 月に発表した「労働生産性の国際比較 年版」は、日本の労働生産性が国際的にみてどのあたりに位置しているのかを明らかにするためのデータです。 日本の労働生産を見てみると、日本の時間当たり労働生産性は46. 産業別生産性レポート 産業別にみた生産性の動向 No. 労働生産性(付加価値ベース)の国際比較(年) 5. 日本生産性本部の調査を更新した滝澤美帆教授の推計によると、15年の産業別の生産性(1時間当たりの付加価値)は米国を100とした場合、「運輸. 実質労働生産性:「産出」の対象が「固定価格」としておいたもの 2. 5 hours ago · 「平成28年 経済センサス−活動調査」から分析した業種別・企業規模別の労働生産性をみていくと、製造業や情報通信業、卸売業、建設業など労働生産性が高い業種がある一方、小売業や飲食店、持ち帰り・配達飲食サービス業、宿泊業などは、労働生産性.

0ドルで、順位はOECD加盟35ヵ国中20位と、1980年から見ても大幅な順位変動がないことが分かります。 出典元『公共財団法人 日本生産性本部』労働生産性の国際比較 年版. を概観することができる。まず、製造業全体 (図3)日米の産業別生産性(1時間当たり付加価値)と付加価値シェア(~年) (出所)公益財団法人日本生産性本部「日米産業別労働生産性水準比較」 143. 0百 万円) *1付加価値額とは、企業の生産活動によって新たに生み出された価値. 5% 料亭・ バー等 11. 分類 これらの分類記号に、必要に応じて「旅行」、「観光」、「ホテル」などのキーワードを追加して検索します。 2. 第二に、面的生産性(地域効果)に影響を与える要素として、人口密度と生産性の関係を分析しました。多くの業種は、人口密度と生産性に正の関係があることが見てとれますが、一方で、「製造業」、「情報通信業」、「宿泊業,飲食サービス業」、「医療,福祉」、「複合サービス業」等は生産性と人口密度の相関が低くなっています。つまりこれらの業種では、生産性は人口の集積に影響を受けにくいため、過疎化が進んだ地域においても生産性を維持、向上する余地が高いと考えられます。 また、以下のグラフにおいて、エラーバー(誤差範囲)の大きさは生産性の地域間のばらつきを示しており、生産性のばらつきの大きさは業種間で大きく異なっていることが分かります。ばらつきが大きい業種ほど格差が大きく、生産性を向上させる余地が高いと考えられます。 人口密度と労働生産性の関係(大分類、全市区町村) (資料)総務省「平成24年経済センサス-活動調査」(生産性データ)、総務省「平成22年国勢調査」(人口データ)、国土交通省国土地理院「平成25年全国都道府県市区町村別面積調」(面積データ)より作成。. 8%)とすることをKPI(目標の達成度を評価するための評価指標)に掲げています。 近畿経済産業局では、「平成27年度サービス産業事業者の生産性向上に係る課題及び解決事例調査」(以下「本調査」)を実施し、各種統計、企業データ分析等により、サービス産業の生産性向上に向けて取り組むべき課題の把握と今後の施策の方向性について検討を行いました。 産業規模(事業従事者シェア)と労働生産性(中分類).

調査における産業区分 日本標準産業分類(平成25年10月改訂)上の産業分類との比較 建設業 「D 建設業」 製造業 「E 製造業」 情報通信業 「G 情報通信業」 運輸業 「H 運輸業,郵便業」 卸売・小売業 「I 卸売業,小売業」. 産業別の労働生産性 ・我が国の労働生産性を産業別にみると、サービス業の労働生産性が相対的に低く、低下傾向にある(図表6・7)。ま た、労働生産性の低下を人手を増やすことで補い、さらに労働生産性が低下するという悪循環が起きている可能性も. 各事業者の労働生産性は、一般に付加価値額の増大と投入労働力の減少の効果により決定されますが、労働生産性の決定にあたっては、周辺地域における消費者の集積や供給者間の競合状況、地理的特性、施策等によって、域内の事業者が共通して影響を受ける要素が存在すると考えられます。 また、各事業者を取り巻く経営環境は、業種ごとに事業構造や社会経済情勢から受ける影響が異なるため、事業者の生産性は、業種による特性の影響を受けると考えられます。 これらの状況を踏まえ、本調査では、事業者の生産性を「業種特性(業種ごとの全国平均値)」に加えて、「面的生産性(地域効果)」と、「個別生産性(個別事業者の努力効果)」によって構成されるものであると整理しました。. Amazonで日本生産性本部生産性総合研究センターの産業別にみた生産性の動向 飲食・宿泊業編 (産業別生産性レポート)。アマゾンならポイント還元本が多数。日本生産性本部生産性総合研究センター作品ほか、お急ぎ便対象商品は当日お届けも可能。. · 日本人の年の労働生産性が47年連続、主要先進7カ国(g7)で最下位だったことがわかった。公益財団法人・日本生産性本部が12月19日、発表した。. 4mb) 業種別(pdf形式 2. 9%)といったサービス産業分野で下回っており、日米格差が依然として. 3.生産性の動向①産業別TFP上昇率 • tfp(全要素生産性)上昇率は、どの年代をとっても製造業は非製造業よりも高い。非製造業全体は近年はマイナ スとなっている。 • サービス産業を個別にみると、TFP上昇率は産業により時期により大きく異なる。.

2)日本の外食産業の生産性に関する実態調査報告 ①外食上場大手企業と中小成長企業との比較検証データ (1)既存資料から見る国内外食産業の生産性 ここでは、日本国内における外食産業の生産性水準の位置づけについて 、既存資料から 整理・確認する。. 図書 観光事業 DK261 旅館,ホテル DK266 サービス業(経営) DH475 3. 名目GDPに占める産業別割合の推移 資料:内閣府「国民経済計算」 経済のサービス化の進展など産業構造が変化経済のサービス化の進展など産業構造が変化 資料3(データ編) 資料総務省統計局「国勢調査」 産業別就業者数及び構成割合の推移 第1次産業は大幅. 我が国において、サービス産業のGDP、就業者のシェアは7割以上と大きく、活力ある日本経済、地域経済を作り上げていくには、サービス産業の活性化が不可欠です。一方、国内の人口はすでに減少局面に転じており、人手に依存するところが大きいサービス産業においては、生産性の向上が他の産業以上に重要となります。 限られた政策資源で従前以上の生産性向上を実現するには、これまでの支援施策の実施に加えて、新たな視点での施策の展開が求められます。本調査では、大きく以下の2点を今後取り組むべき施策の方向性として提案しています。. 運輸業: 全文(pdf形式 517kb) 業種別(pdf形式 415kb) 従業者規模別(pdf形式 263kb) 年8月: 卸売・小売業: 全文(pdf形式 3.

See full list on kansai. • 製造業の労働生産性は、リーマンショック時に大きく低下した後、ほぼ元の水準へ。 • 建設業の生産性は、年に大きく上昇し、その高いレベルが続いている。 99. 0 という水準にとどまっている。人口減少と少子高齢化が進む日本では、近い将来. OECD加盟35カ国中20位 3. 8mb) 従業者規模別(pdf形式 931kb) 年8月: 飲食店・宿泊業: 全文(pdf形式 1. 日本生産性本部では1981年より、oecdや世界銀行などのデータに基づいて世界各国の国民1人当たりgdp、労働生産性(就業者1人当たり国内総生産、就業1時間当たり国内総生産)、主要先進7カ国の産業別生産性トレンド・産業別労働生産性水準などの比較を行い、「労働生産性の国際比較」として.

産業別にみた生産性の動向 飲食・宿泊業編 - 日本生産性本部

email: [email protected] - phone:(927) 142-9604 x 5293

エレガントな象 続々 葭の髄から - 阿川弘之 - 飼い方マニュアル コボーン

-> がん免疫療法 1-2
-> フットボールクラブ哲学図鑑 - 西部謙司

産業別にみた生産性の動向 飲食・宿泊業編 - 日本生産性本部 - 昭和二十年


Sitemap 2

滋賀県の英語科 2007 - 協同教育研究会 - プランシ 地獄の辞典